2014年6月16日月曜日

最低保障年金はどうなった?


最低保障年金は、どうなったの?

人は、年取れば、どんな人でも、どんな人生送った人でも、いつか

は働けない状態にはなる。

これは、いつの時代にも、人が不死身の身ではない限り不変であ

ります。


その時に、最低贅沢しなければ、生活・生きて行ける年金の最低

額は国民全てに支給すべきと思います。

高額な年金もらってる人は、減額するなどして、国民全員の年金

支給額額を平準化するべきと思います。


それ、しないで、消費税だけ上げるというのは、困ってる人を、さ

らに困らせるという意味で、非常に冷酷な施策だと思います。


最低一人当たり、75000円~85000円は支給できるように対策

して欲しいと思います。