2014年10月23日木曜日

愛犬を亡くして・・・救われた言葉


13年間ずーっと暮したマルチーズ
名前「ラン」と暮した事を、秋の
夜長のせいか、たまに思い出す・・。

今でも、ランのお骨はお水と、
周りを花や小さなぬいぐるみや、
飾りの置物と一緒に並べて
居間においています。

深い悲しみで、うちひしがれていた自分を救った言葉が
ありました。納骨する時に、言われた言葉です。

「犬というのは、亡くなっても飼い主の
傍にずーっといるのですょ」
の言葉でした。