2017年6月29日木曜日

悲しみの底にいるとき


人は大切な人、または愛するペットなど

失った時、なんとも言葉ではいい表せない

悲しみの底に落とされる。

海を見れば、一緒に行った時の思い出が呼び戻され、

店を見れば、一緒に行った時の事が脳裏に浮かんで来る。

それが、(2度ともうできないんだ)と思った時に

又、悲しみが何倍もなって、涙が溢れ止まらない。



でも、日々の生活はして行かなければならない。


どうしたらいいのか・・

それすらも冷静に考える事はできない。


どうして、そこから脱する事ができたか?

私は、亡くなった・死んだと思わない事にした。

失った亡骸を綺麗な容器に入れ、そこにいると
思う事にしました。
そこに、いつも小さな器にお水をあげ、小さな花瓶に
お花をあげ、周りを可愛い綺麗なもので
飾りつけを自分なりにしました。

写真は、新しい写真はできるだけ飾らないようにしました。
携帯に待ち受け画面にしていた写真も削除・・。
見ると、思い出して、涙があふれんばかりに出て、泣いてしまうので。


今までと変わったのは、亡骸の入った器。
そこで、生きています^^
そう、思う事で、時間が少しづつ経っていき、悲しみの底から、なんとか抜け出せたようです。